最近、テレビの情報番組で、日本で一番、観光客が多く訪れる県はどこかという問題が出ました。観光客が多いというと、北海道や京都かなと思いました。しかし、答えは私の予想に反して、東京でした。1年間に東京を訪れる観光客は、およそ4億人以上だそうです。日本の人口の、約4倍近くの人が、東京に観光に行っているという計算になります。その観光客の中には、外国からの人ももちろんいますが、その割合は微々たるものでした。ほとんどの観光客は、日本人という統計でした。
しかも、日本人観光客のほとんどは日帰りで東京を訪れるそうです。そう聞くと納得できます。日本の首都でもある東京は、交通の便がとてもいいです。遠く北海道や沖縄からでも、飛行機を使えば、ほんの2~3時間で行く事ができます。それ以外の地域からも、飛行機や新幹線で、日帰りで訪れる事が可能です。私が住んでいる愛知県からも、新幹線で1時間半で東京駅に着くことが可能です。
午前中に東京に着けば、都内のどこに移動するにも、地下鉄や電車の路線が網羅している都内なら、簡単に移動できます。朝、家を出て、東京で買い物を楽しんだり、お芝居を見るのはもちろん、スカイツリーのような観光スポットをまわり、1日中ゆっくり観光しても、最終の飛行機や電車で帰れば、日帰りでも、たっぷり楽しむ事が可能です。我が家でも、最近、朝一番の新幹線で東京に行き、ディズニーリゾートで1日遊び、最終の新幹線で帰ってくるという、日帰り旅行をしました。こんな事ができるのも、交通の便がよい東京だからできるのだと思います。