» WEB・通信サービスのブログ記事

先日、筆者は20年ぶりに旧友と飲み、楽しい時間を過ごす事ができました。彼は、SNSで筆者を探し出し、飲みに誘ってくれたのです。彼は、筆者の電話番号もメールアドレスも知らないのですが、SNSの検索機能で筆者に連絡をくれました。昔は、通信と言えば、電話機と手紙でしたが、今は、上記のように、必ずしも電話番号や住所がわからなくても連絡が取れる時代になりました。また、電話機も固定電話+携帯電話と2種類持つのではなく、携帯一本に絞る人も増えているようです。新興国では、インフラの整備が遅れているので、通信手段として、固定電話の時代を飛び越えて、いきなり携帯が普及している国もあるようです。また、筆者の友達で、固定電話を引いていない友達もいます。その友達は、通信は携帯があれば十分(通話もメールもできる)という訳で、節約のため、固定電話の契約解除をしてしまったそうです。

ただ、固定の電話機が無くなっても、通信が不便になる事もないのではないかな?と思います。今後、ケータイはスマホに変わっていきますから、電話機は、スマホが主流となるのでようが、スマホだと、通話・メール・メッセンジャーなど多様な通信ができます。スマホであればホームページの閲覧も可能ですから、今後は電話機としては、スマホがメインになる事でしょう。電話機はスマホに収斂されて行くと思いますが、通信の手段としては、「通話」「メール」「メッセンジャー」「SNS」と言った具合に多様化していくのだろうと思います。