» 教育のブログ記事

大学受験の際に、私は模試に非常にお世話になりました。行きたい大学があっても、自分がそこに手が届くかどうかはやはりわかりにくいもの。そういう点を模試はカバーしてくれます。それに、模試は自分がどの分野が苦手かを分析してくれるので、学力不足を補いやすくなります。得意と思っていたところが実はそうでもなかった、ということもあります。逆に得意な分野がはっきりすればそこはもうおさらい程度にしておき、弱点を集中的に勉強することで、学力は次第に上がっていきます。また、自分の思い込みで不得意分野を後回しにして得意分野を勉強してしまうことがなくなりますので、時間も多いに有効活用することができるのです。

それから、自分が問題を解くのにどのくらいの時間がかかるかを試すのにも、模試はいい目安になります。長考すれば記憶から答えを引っぱりだすことはできるかもしれませんが、試験時間内に回答を埋められなければ点数が足りなくなってしまいます。一問あたりにどのくらいの時間がかけられるのか、自分はどのくらいの速度で答えられるのかを把握するのは大切でしょう。知識をアウトプットする訓練になります。せっかく学習して身についても、ぱっと答えを記せなくて合格できないなんてもったいないですよね。受験では、できるだけ早く正確に回答した上で、見直しの時間も欲しいものです。会場試験という緊張感ある場面でどのくらい実力が発揮できるのか、自分を知る意味でとても大切です。